御堂筋店

midousuji_06.png

ギャラリー収納 御堂筋

  • 〒541-0054 大阪市中央区南本町3-6-14 イトゥビル1F
  • Tel. 06-6243-5571 Fax. 06-6243-5572
  • 営業時間 11:30am〜7:00pm(日曜・祝日〜6:00pm)無休
  • 地下鉄・本町駅7番出口より御堂筋を南へすぐ

 

チーフごあいさつ

_MG_9495.jpg御堂筋店スタッフの顔ぶれは、ギャラリー収納が関西に出店した当時のまま変わっていません。
以前ご来店いただいたことのある方は顔なじみのスタッフが、初めての方も今後長期に渡って暮らしのアドバイザーとして収納のマネジメントをさせていただきます。

ギャラリー収納 御堂筋 チーフ 大河内幸代


_MG_9336.jpgショップのエントランスも家の玄関も
考え方は同じ

御堂筋沿いの店舗正面からは銀杏並木を見渡す開放感ある店内が見え、店舗奥にはマンションなどを想定した狭小空間を作り、“壁面収納と間仕切りのなせる技”を体感していただけるよう展示しています。エントランスは、店の玄関としてお客さまを迎える「美しさとゆとり」を収納で演出しています。

midpsuji2014_07.jpgmidpsuji2014_10.png


midpsuji2014_14.pngパーソナル収納・Bシリーズのコーナー

好きなものやコレクションを美しく収めて眺めて楽しむ収納、Bシリーズのコーナーです。小さな吊り棚、トレーやガラス扉の使い方を展示しています。

 

 

 

midpsuji2014_16.png


midpsuji2014_18.pngライブラリーとミーティングルーム

収納をはじめインテリアや住まいに関する書籍と雑誌を並べています。ミーティングルームとしても活用しています。

midpsuji2014_20.png

midpsuji2014_23.pngmidpsuji2014_27.png


midpsuji2014_31.png

リビングの壁面収納と
システムソファ Trio

大画面テレビを組み込んだ壁面収納と、正方形のシートを組み合わて使うシステムソファ Trio(トリオ)でプランしたリビングコーナー。壁面収納は、隠す収納と見せる収納の黄金比率を提案。ソファは、シートも背も自由に動かしてレイアウトや向きを変えることができます。

midpsuji2014_33.png


midpsuji2014_35.pngダイニングの仕切り収納と
Vシリーズのホームライブラリー

大量の本をギッシリ納めても、飾るスペースを作っても、きれいなデザインの家具です。図書館のように梯子を付けたり、スライド扉を付けることもできます。

midpsuji2014_38.png


midpsuji2014_42.png家電を使いやすく配置したキッチン

調理家電の多い料理好きな方をイメージしたキッチン収納。家電を仕舞いこまず、使いたいときにすぐ使えるよう定位置を決めてオープン部に収納。食器やゴミ箱などは隠して、すっきりとしたキッチン収納に仕上げています。

midpsuji2014_44.pngmidpsuji2014_46.png


midpsuji2014_50.pngリビングダイニングを低く仕切る

低めの間仕切りキャビネットでダイニングとリビングを曖昧に仕切ることで、それぞれが居心地のいい空間になるというプラン例です。空間に繋がりと広さを確保しながら、お互いのスペースを直視することなく家族が一緒に居ることができます。コンパクトなお部屋の場合でもゆとりが生まれます。

midpsuji2014_52.png


midpsuji2014_54.png快適な寝室のための収納プラン

主寝室をもうひとつのリビングとして考え、大きめのTVを置いたプラン。主寝室には夫婦二人分+αの充分な容量のクローゼットスペースが不可欠です。ウォークインクローゼットがない場合、ベッドを壁から離して設置し、その間にできた空間に快適な身支度スペースを作ります。ヘッドボード裏に間仕切り収納を追加。敢えて扉を付けずに頻繁に使用する衣類を収納。間仕切り収納の高さは部屋の広さに応じて圧迫感を考慮し、プランニングします。

midpsuji2014_56.png

midpsuji2014_61.pngmidpsuji2014_58.png


midpsuji2014_64.png帆立・棚板・ボックスファイル・
トレーの活用

書類やファイルは整理整頓しやすいことと、何がどこにあるか一目瞭然なことが収納のポイントです。帆立と棚板をタテ・ヨコに組み合わせて細かく仕切りを設け、トレーやボックスファイルを使って、ものを分類してしまうようにします。ボックスファイルには、インデックスカードが差し込めて、中身を明示することができます。

midpsuji2014_66.png


midpsuji2014_70.png収納で間仕切った子供部屋

一つの部屋の中央を収納で仕切って、二部屋にしてプランした子供部屋の一部屋。ベッド、デスクを備えて、中学、高校になってものが増えても対応できるよう十分な収納量を確保しています。


midpsuji2014_72.pngスタッフ全員が収納のプロです 
お気軽にお声掛けください

家中の収納をゆっくり体験していただけるよう、こちらから積極的に接客することは控えています。お客さまからお声掛けいただいたら、収納コンサルタントがご相談、お問い合わせにお答えします。

 

※予告なく展示品の変更、入れ替えを行う場合があります。ご了承ください。